色白は7難隠す」ってどこかで聞いたことないですか?が白いってだけで男性からの視線も変わってきます。

一昔前まではガングロメイクって流行りがあり、若い女性たちが日サロに通っていました。ですが現代はやっぱり色白の方がいいとみんな美白に努力しています。

色白は男性からの評価も高く女性の選ぶ基準になっているとか?

なぜ色黒が男性から嫌がられているかというと・・・清潔感が無いとかってアンケートがありました。なんか失礼な話ですよね。世の中の男性は健気で弱い女性を好んでいるのかもしれませんね。

話が逸れてしまいましたが、今回は肌が黒くなってしまう原因について紹介したいと思います。

紫外線によるもの

肌が紫外線に当たると、軽い火傷状態を起こしてしまいます。赤くなったりヒリヒリしたりすると思いますが、それが肌が火傷を起こしている状態なのです。肌はそんな状態から肌を守ろうとメラミンをたくさん作ってしまいます。そのメラミンが肌を黒くさせてしまうのです。しかし、肌が正常なターンオーバーをしていたら数週間で元の肌に戻りますが、ターンオーバーが乱れてしまうと肌にクスミやシミが出てしまい肌が黒くなってしまう原因になります。

遺伝によるもの

血のつながった親族に肌の色が黒い方がいる場合に肌が黒くなってしまう事があります。元々持っているメラミンの量が多いと肌が黒くなってしまうのです。これは先天性のものなのでスキンケアなどで美白をするのは難しいかもしれません。子供の頃肌が黒かったって方はもしかしたらメラミンの量が多い方かもしれません。

乾燥によるもの

乾燥によって肌のターンオーバーが乱れると肌がクスミ、黒く見えることがあります。古い角質が残っているままなのでクスンでしまうのです。

また、睡眠不足・暴飲暴食・ストレスなども肌のターンオーバーの乱れる原因になってしまいます。保湿をすることを心がけ規則正しい生活を大事にすることで肌の調子を整えることを大切にしてください。