TVや天気予報でよく聞く「乾燥の季節」

実はこれって正しいようで間違いかもしれないのです。

しかし確かに冬場の季節は乾燥をしているのかもしれませんが、一部の地域では冬に乾燥をしない地域も存在しているのです。

どうして乾燥する地域と、乾燥しない地域との差が出てくるのでしょうか。

それは日本の地形に大きく関係しているのです。

今回は日本の冬はどうして乾燥してしまうのか?乾燥しない地域ってどうゆう事なのかを説明したいと思います。

冬の季節に乾燥してしまうのはなぜ?

冬になるとシベリアから湿った冷たい風が日本にやってきます。つまり日本より北からという意味です。日本の北側(日本海側)では水分を多く含んだ風が冬の冷気で雪に変わり降ってきます。しかし山を越える頃には雪も降りきって、水分の抜けた乾いた冷たい風に変わります。山から南に位置する地域では空気は乾燥してしまうのです。ということからでも日本の日本海側は乾燥しづらく、太平洋側は乾燥しやすいという事です。

夏は湿気が多いのはなぜ?

では夏はどうなのでしょう。日本の夏は世界的に見ても湿度が高くジメジメと暑苦しい季節だと有名ですよね。冬に一部乾燥しない地域があるように夏にもジメジメしない地域があるのでしょうか?そうではないようです。夏になると南から湿った風が日本にやってきます。(どっちの季節にしても日本に来る風は湿っているのですねw)上記の事が夏にそのまま繰り返せば、南側(大西洋側)では雨がよく降り、北にぬける事には乾燥した風に変わるのでは?と思うかもしれませんが、そうとは限らないみたいです。湿った風が日本全体を包んでしまうみたいなのです。さらに台風がよく来ますよね?台風で大雨が降った後、夏の気温で水分が蒸発をして空気中に充満してしまうことで湿度が上がりやすくなっているのだと思います。

乾燥しやすい所ってある?

冬場のみならず空気が乾燥しやすい場所があるのか調べてみました。空気が乾燥しやすい場所としては「ネットカフェ」と「飛行機の中」です。ネットカフェは誰しも1度は行ったことがあるのではないでしょうか。私自身も行ったことありますが、店内はかなり乾燥していますよね。私は乾燥にかなり敏感で乾燥する場所にくると鼻やのどが痛くなってしまうのですよね。ネットカフェは特にそう感じます。また、これはネットで見たのですが飛行機の中もかなり乾燥しているみたいです。乾燥の度合いは乾燥している場所で有名な砂漠よりも乾燥しているとか。。。濡れたマスクが1時間でカピカピになるみたいですよ。ネットカフェや旅行とかで長時間滞在するときは保湿ケアを万全にした方がいいかもしれません。